ローディング

[ニュース]

2019.12.11

毎日の遊びで使う教具について

子ども達が毎日遊ぶ上でとても重要な役割となるのが教具です。

今回は子ども達がどのように教具で遊んでいるのか紹介したいと思います。

 

子ども達は先生の作った見本やお友達の作品を見て、同じ作品を作ったり想像力を膨らませながら作る事に夢中です。

 

時には先生達もビックリするような作品を作ってくれることもあり、子ども達の想像力に驚かされます。

 

また、お友達と一緒に取り組む時は順番や貸し借りなどの決まり事も理解していく事が出来て相手の気持ちについても考える事が出来ます。

 

 

 

 

 

ままごとなどの教具では、お友達と共有して遊ぶ事が出来ます。喧嘩やトラブルになることもありますがその中で協調性を育むことが出来ます。

 

また、日々の生活の中で見ている大人の姿を真似する事で下の子どもに優しくしようとする姿も見られています。

 

 

 

 

 

乳児が使用する教具は安全面に気を配り、丸みを帯びているものや布で作ったものを使っています。また、誤飲する事が無いように教具のサイズや破損などに注意を払い安全面を徹底しています。

 

 

 

 

色ごとに教具を配置し、色への入り口となる機会も大切にしています。

 

 

 

 

 

子ども達が遊んだ後は自分たちで教具を片付ける事が出来るように、片付ける棚や箱に写真を貼り、自ら片付けられる様にしています。

 

 

 

 

お部屋の教具は定期的変える事で子ども達がいつでも楽しんで遊びを行う事が出来るように取り組んでいます。

 

 

子ども達が日々の生活(遊び)の中で自ら考え、気付き、行動する力を育めるよう環境を整え、時に共に遊びながら学べる環境を大切にしています。